いもはぜ

2022年10月15日(土) OPEN!!

HOME 焼き芋
コーヒー豆 よくある質問 Access


焼いも処 いもはぜ

営業期間 10月 〜 翌年 5月
土・日 10時 〜 15時

 今月の営業日


最新の営業時間は
Twitter  でお知らせいたします

季節営業店
荒天時 (大雨・大雪・強風等)は時短・休業あり





ねっとり 甘い焼き芋

焼いもは江戸時代からつづく
庶民に愛されたおやつ

古く懐かしい焼いもが
「ねっとり甘く、風味豊かに」

新たな価値を伴って復活

・甘蜜が たっぷり
・冷めると さらに甘い
・くせになる甘さと香り


甘蜜たっぷり

茨城県産
厳選さつまいも

茨城県産 さつまいも

さつまいもの名産地といえば茨城県。焼き芋に適したさつまいもを厳選し仕入れています。
海風で降り注ぐ天然ミネラルを含む畑ではとても甘く 風味豊か。小さな子供や妊婦さんにもお勧めできる、安心安全なさつまいもです。

秘訣は強い薪火

香り豊かな焼き芋
昔ながらの調理が
独特の風味を生む

薪の強火で焼く

木こりさんが山で切り出した薪をたくさん使い、薪の強火で大量の石を焼く。 石が放つ膨大な輻射熱がさつまいもを芯まで温め「ねっとり甘い 風味豊か」な焼いもが出来上がります。
昔ながらの方法が環境にもやさしく甘い焼き芋になります。



新たな価値の創造

江戸時代から続く
採石の街「大谷」

跡地に溜まった水と
小石のカケラが
新たな価値を生む

大谷石の冷熱保冷倉庫

江戸時代に始まった大谷石の採石で、地下深い場所に出来た巨大空間があり、そこには冷たい水が大量に溜まっていることが多くの方々の調査や研究でわかってきました。地下に溜まった冷熱を最新の技術を使って地上で利用する研究も進み、世界初?「大谷石の冷熱保冷倉庫」が誕生しました。(2020年12月)
環境に優しい「大谷石の冷熱保冷倉庫」を最初に試す機会を得たことはとても幸運なことで感謝しております。
※2022年4月迄使用。現在は別環境で熟成保管。

環境にやさしい

地下冷水の循環と
大谷石の特性で

夏涼しく
冬温かい

さつまいもを栃木で熟成貯蔵

さつまいもは低温で長く貯蔵すると熟成し甘くなります。(最適な温度や湿度は所説あり)
《 冷熱保冷倉庫 効果検証中 》
効果が認められ、新たな倉庫や焼き芋屋さんが増えて、宇都宮が焼き芋の街と呼ばれるようになる日が訪れることを期待します。宇都宮と言えば「餃子の街」で有名ですが、これに「焼き芋の街」がプラスされたら楽しくなりそうです。 最近話題のSDGs(エス・ディ・ジーズ)持続可能な開発目標としても拡大していけたら世界が広がります。
※2022年4月迄使用。現在は別環境で熟成保管。

トップヘ戻る

width="80"



香り豊かなコーヒー

いもはぜの焙煎は 中深煎り 限定。焼き芋に合う
程よい苦味芳醇な香りこれがコーヒー豆だ!
的な豆選びと焙煎を日々探求中!        

大切にしているのは、仕入れ、選別、焙煎、包装等
複数プロセスでそれぞれあるので一部ご紹介。  

・仕入れはニュークロップ(当年度豆)厳選 
・ハンドピックは拡大鏡で時間をかけ高度選別

・焙煎機は音の静かな直火式のオリジナル機 
・投入量を抑え通りを均一にし熱を芯まで通す

・豆に応じ我流プロファイルを日々更新し焙煎
・酸味を控え苦みコクが出たところが煎り止め

・耐圧ペットボトル容器でアロマを封じ込める
・脱酸素剤を採用し焙煎したての鮮度を保つ 



良質な豆を厳選する

2段階のハンドピック
1,目視で欠点豆排除
2,拡大鏡で欠点豆排除

高度な欠点豆の選別

ねっとり甘い焼き芋には、雑味のないスッキリしたコーヒー豆が合う。
初めての豆はサンプルを取り寄せて自分の好みに合うかどうか徹底的に試す。 仕入れはニュークロップ(当年度豆)の自分好みの香り立つ豆だけを厳選する。 1回目の目視は、ほんの僅かでも欠点があればバンバンはじく。最初はとにかくはじく。

2回目は拡大鏡を使う:
拡大鏡を使って山崩しながら全方位を観察しさらに微細な欠点豆をバンバンはじく、手間を惜しまず続けることで雑味の無いすっきりした味になる。
2019年にルワンダ中日大使の講演会があり、講演の後にポテト臭問題の欠点豆の入ったコーヒーを試飲させてもらった経験がある。 その時の衝撃で選別の意識が変わり拡大鏡を使うことを思いついた。

時計型 手廻し焙煎機

音の静かさで
1ハゼ2ハゼがよく響く

空間の余裕で
豆が踊り
熱が均一に入る

石焼き芋の技術を応用
石で釜の保有熱を高め
豆の芯まで熱を通す

時計型 手廻し焙煎機

焙煎機は音の静かな手廻し式。温度は我流のプロファイル。
釜は時計型薪ストーブをベースに改造したオリジナル品。石焼き芋用の石を中に敷き詰め保有熱を高めた構造。 2kg容量のカゴに投入量を500gに抑え空間を広げ、熱の通りを均一にして豆の芯まで熱を通している。

中深煎り

酸味と雑味を抑えた豆

苦み、コク、旨さ、香り

透明感のあるコーヒー

焼いも屋のコーヒー

焼いもに合うコーヒーは、苦みとコクとスッキリ感が外せない。そして旨さや香りがいちばん引き立つところが「中深煎り」。 焼いも屋のコーヒー豆は「中深煎り」です。

スッキリしたコーヒー:
良質の生豆を使い欠点豆を高度に排除しました。酸味と雑味が少ない 芳醇な香りで飲み口のスッキリしたコーヒーです。

挽き売りについて:
香りの劣化が早まるため挽き売りは承っておりません。

炭酸ガス加圧包装と
脱酸素剤の組み合わせ

冷凍保存が簡単にできる
フレッシュアロマの香り
ぐーんと長持ち

ペットボトル加圧包装で鮮度長持ち

いもはぜでは焙煎後のコーヒー豆から大量発生する炭酸ガスを利用した加圧包装を採用しました。 耐圧ペットボトルと脱酸素剤との組合わせでフレッシュアロマの香りを保ちます。

飲み方:
開封後は新鮮なうちにお飲みください。

冷凍保存がお勧め:
未開封状態で冷凍することで香りが長期間(約12ヶ月)できます。 室温に慣らして(2〜3時間放置して)から開封することで結露を防ぐことができます。

トップヘ戻る

width="80"

必要じゃないけど
あるといい

"焼いも" と "コーヒー" は
必ずしも必要じゃない

必需品じゃないけれど
うるおいや元気を
もたらしてくれる

流行に流されない

あることで
ほっと安心させたり

温かみを感じたり
人を笑顔にしたり

不思議な力を秘めている



さとふる

2022/07/29更新
宇都宮市ふるさと納税返礼品
↓↓↓

さとふる



栃ナビ

2021/11/30掲載
焼き芋特集
↓↓↓

栃ナビ焼き芋特集



トップヘ戻る

width="80"